子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

3歳児に数の概念を理解させる3つの方法

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20170731125146j:image

 

うちには4歳1ヶ月の長女がいます。

今回は、その長女が3歳になったばかりの頃の話です。

 

長女が積み木を重ねながら「1・2・3・4・5!」と数えています。

そのとき何気なしに「全部で何個?」と聞いてみました。

 

すると「?????」

長女、答えられません。 

 

  

 

スポンサーリンク
 

 

数は数えられても数を理解していない

f:id:nijimamajyuken:20180214134351p:plain

 

私は長女とお風呂に入ったときに数を数えたり、エレベーターに乗ったとき、階数ボタンの数字を指差し読み上げたりしていました。

1から100までの絵本を読み聞かせたりもしました。 

 

その効果あってか、3歳になった時点で100まで言えていました。

それで安心してしまっていたのでしょうか・・

 

数が言えるだけで、数を理解させていませんでした。

 

大切なことは数を「言える」ことではない

 

100まで数が言えるより、 10までの順序・集合数の概念が理解できることが今後の力につながります。 

 

数字の並びである「順序」と、順番に数を数えたとき全部で何個になるかという「集合数」を理解していることが大切です。

 

幼児期に数の概念を理解しておくと、小学校、中学校に行っても数字が体得されているので算数や数学に対する苦手意識を持つことがなくなります。

数の概念を理解していない状態で算数の勉強をしてしまうと、つまずいてしまい、苦手意識を持ってしまいます。

 

まずは子どもに数の概念を理解させることが大切です。

 

3歳児に数の概念を理解させる3つの方法

 

数の概念を理解させるという、とっても大切なことを教えていませんでした。反省。

それからは時間をかけて、確実に数を理解させるようにしました。 

そのときの、3つの方法を紹介したいと思います。

 

1. 子どもと一緒に「指」で10まで数える

f:id:nijimamajyuken:20180214132955p:plain

 

1番最初にしたことは、数を数えるときに指を使うこと。

「1・2・3・4・5・・」と数えながら一緒に指を使いました。

 

数字が大きくなるたび指の数も増えていくということを理解させました。

  

2. スーパーに行ったとき商品を取ってもらう

f:id:nijimamajyuken:20180214133427p:plain

  

「きゅうり2本取って」「ヨーグルト3つ取って」など、お手伝いもかねて商品を取ってもらうようにしました。

 

最初はできませんでしたが、徐々にひとりで取って来れるようになってきます。 

大人はこのときイラっとしやすいですが、我慢です。

根気よく、理解できるようになるまで付き合うようにします。

 

3. 100玉そろばんを使う

f:id:nijimamajyuken:20180206102718j:plain


100玉そろばんは数の概念を理解するのに最適なツールです。

目で玉を追い、手で動かし、数を数えることで、脳が刺激され活性化されます。

 

「1・2・3・4・5・・」と言いながら玉を動かすことで、視覚・聴覚・触覚で数を理解することができます。

 

100玉そろばんのくわしい効果については、こちらの記事を参考にしてください。

長く使えて効果も高いので、とってもおすすめです。

 

f:id:nijimamajyuken:20180205111339p:plain

Check ➡︎ 右脳にも左脳にも効果的な知育グッズ100玉そろばんのおすすめ5選【乳幼児期から小学校低学年】 

 

子どもに数を理解させることは大変

 

最初に数を言えることだけの、間違った教え方をしてしまったため、数をきちんと理解さることが大変でした。

 

その教訓もあり、1歳4ヶ月の次女には積み木を積んで遊ぶとき「1・2・3!全部で3個」と言うようにしたり、指を使って数字を数えるようにしています。

 

 

100まで数が言えるより、 10までの順序・集合数の概念が理解できることが今後の力につながります。 

 

小学生に入ったとき、数の概念を理解していない状態で算数の勉強をしてしまうと、つまずいてしまい、苦手意識を持ってしまいます。

幼児期の間に数を理解させてあげれば、これから算数の勉強が楽しくなると思います。

 

もっと数を理解させたい!算数が得意な子になって欲しい!

f:id:nijimamajyuken:20180130121109p:plain

 

数を確実に理解させたいなら上の画像のような●の集合体を見て、パッといくつあるか答えられるようにすることです。

 

うちは市販の公文のドリルを購入し、コピーまでして繰り返し何度も何度も数えさせました。

途中、ドリルやコピー代よりも、公文式に通わせたほうが安いと気づき、公文に行くことにしました。

 

今思えば、数の概念を理解させるなら、ドリルなどに頼らず●シールを紙に貼って画像のようなカードを手作りして読ませればよかったなと思います。

 

f:id:nijimamajyuken:20180130121109p:plain

この画像のことです。

 

次女には手作りカードで理解してもらう予定です。

スケッチブックに貼り、単語帳のように使おうと思っています。

数の並びを頭にしっかり入れたいなら、くもんの知育玩具「すうじ盤100」を導入することをおすすめします。

数の感覚がしっかり身につきます。

 

f:id:nijimamajyuken:20180119170149p:plain

Check ➡︎ くもんのすうじ盤100が6分でできたら東大合格!?

 

この記事がお役に立てるかも? 


Check ➡︎ 右脳にも左脳にも効果的な知育グッズ100玉そろばんのおすすめ5選【乳幼児期から小学校低学年】 

 

Check ➡︎ くもんのすうじ盤100が6分でできたら東大合格!?

 

関連する記事:うちの長女が4歳になりました

f:id:nijimamajyuken:20180131101350p:plain

 

せっかくブログを書いているので、3歳の間にできるようになったことを記事にして残しておこうと思います。

 

Check ➡︎ うちの娘が4歳になったので、3歳でできるようになったことを書きます。