子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

簡単!楽しい!幼児教室の先生に教えてもらった足し算手遊び

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20171012135518j:image

 

3歳になる長女はちょっとの間、幼児教室に通っていたことがあります。

 

そのとき、幼児教室の先生に教えてもらった「足し算手遊び」とても有効!でした。

 

隙間時間にできて、勉強の感覚がなく、楽しくできる! 

足し算の導入にぴったりです。

 

幼児教室の先生によると小学生になると算数で遅れる子が割と多いんだとか。

私立の小学校だと算数の補修クラスが設けられたりするところもあるようです。

 

小学生になると、勉強は義務になります。 

そうなる前に、楽しく、足し算の感覚を掴んでおくことが大切なんだそうです。

 

公文の先生も、

足し算と九九は早いうちに覚えるほうが絶対、得!

と、断言されていました。

 

今回は、幼児教室の先生に教えてもらった手遊びでできる足し算 を紹介します。

 

 

足し算手遊びのやり方 

f:id:nijimamajyuken:20171012135530j:image

 

やり方はとっても簡単。

 

写真のように、

指で「2」や「3」をつくり、

「合わせて いくつ?」と聞くだけです。

逆光すみません・・。

 

最初は指を数えてもOK。

徐々に数えなくても記憶して答えられるようにしていきます。

 

先生によると、

幼児さんは「0」理解し難いそうなので「0」の問題も、忘れず出題してください。

 

例えば、片手がグー、もう一方は「3」の形をつくり、合わせて「3」の問題を出す、といった具合です。 

 

うちの長女の反応 

 

うちの長女は、ゲーム感覚で楽しんでやってくれています。

 

ある程度できるようになってくると、長女から私に「これは合わせていくつでしょうか!?」と問題を出してくるようになりました

 

幼児教室の先生によると子どもが先生の役をすると覚える力が ぐんと上がるので、面倒でも付き合ってあげてください」とのこと。

 

正解が分かっていないと、先生役はできませんもんね。

 

うちの長女も先生役をするようになってから、すいすい答えられるようになりました。 

 

 まとめ

 

 

 

この手遊びは、病院の待ち時間や、電車の中でも手軽にできるので、とってもオススメ。 

お金もかかりませんしね。笑

 

お子さんが先生役をやり出したら「〇〇先生!」と子どもの名前に先生を付けて呼んであげると喜んでやってくれます。

 

足し算導入にぜひやってみてください!