子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

【育児書】子どもをやる気にするテクニックが満載!『「プロ親」になる!』を紹介する

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20180120113200p:image

 

人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても知られる教育評論家、親野智可等さんのプロ親になる! を読みました。

 

親にプロやアマがあるの?と、軽い気持ちで手に取ったのですが、これがとても刺さりました。

 

「はじめに」こんなことが書いてあります。

自分は「プロ親」だと胸を張って言える人は、どれくらいいるでしょうか。

(中略)

その人たちは、よく子どものの特質や発達段階を理解して、上手に子どもを伸ばしていました。

大人が子どもに向かうときの傲慢さを常に意識して、自らを戒めながら接していました。

なんとも耳が痛い。

 

この本は主に、小学生のお子さんを持つ親がターゲットだと思いますが、幼児さんの親でも、これから親になる予定の人も、読まないと損なレベルだと思いました。

 

プロ親とは?

プロの親として親力を高めている人のこと。

プロ意識のある親、プロフェッショナルな親のこと。

 どんな分野でもプロとアマがあります。

そして、その間には大きな差があります。 

 

実際「プロ親」と言える人は少ないですが、その気になればなることができると作者は言います。 

 

次の3つを生活の中に加えれば良いそうです。

  1. 「プロ親」になるという決意をする
  2. そのための研究や努力をする
  3. 自分が責任を持って子育てをするという自覚を持つ

こういう類の本って小難しく書いてあるモノが多いですが、こちらは本当に読みやすい。


自分にもできるかも!やってみたい!と思えます。

 

第1章:子供をやる気にさせるテクニック

子供は誰でも何かをがんばりたいという気持ちを持っています。

うまくきっかけを演出してやることが、親の仕事です。

 

子どもをやる気にさせるために叱ることは、逆効果。

テクニックがあれば、叱らずやる気にさせることができる、ということが書かれています。

 

この章の1番最初に「ストップウォッチで集中力を高める」  というテクニックが紹介されていました。これは良さそう!と思い即実践。

 

期待以上の効果がありました。

 

第2章:「楽勉」のすすめ

子供が楽しみながらできる勉強が「楽勉(らくべん)」です。

親が楽勉をプロデュースすることで、子供を自然に勉強好きにすることができます。

第2章は、日頃の遊びや生活の中で、楽々と楽しく勉強ができるコツが書かれています。

 

小学校に通うお子さんをお持ちの方に、実践しやすい内容がたくさん書かれていました。

 

楽しく勉強できる方法ってこんなにあるんだ!と目からうろこ。

親のプロデュース力の必要性がよくわかりました。

  

第3章:子育てを楽しむために 

私は皆さんに、子育て自体を、子供との生活自体を味わい楽しんでもらいたいと思います。

そういう子育の結果親子が幸せになるのではなく、その過程自体が幸せなのです。

もともと子育ては楽しいものなのに、色々な理由でそうでない人が多いのが現状。

 

私もイライラして、しんどくなってしまう日があります。

 

この章には、少し発想を変えるだけで、子育ての楽しさを取り戻すことができるというこたが書かれています。

 

この章で最も響いた文を紹介します。

叱ることは、ただ大人のストレス解消と自己満足にすぎません。

相手が弱いので、簡単に爆発させることができます。

それを「叱る」という言葉で表現していますが、実は大人が耐えきれなくなったために爆発しているだけです。

その証拠に同じ行為に対しても、叱ったり叱らなかったりすることがあるではありませんか。

その通りだと思いました。

子どもに対して叱ることをやめたいと心から思いました。


必要なのは、叱ることではなく、手助けすることだと親野智可等さんは言います。


もちろん、子どもが人間的に許されないことをしてしまったときなんかは全身全霊で叱らないといけないけれど、それと区別するべきだと書かれていました。

 

まとめ

子育て関連の本には「子育てをしていくうえで親は感情的になってはいけない」とは、よく書かれています。


この親野智可等さんの本は、その対処法やテクニックが具体的でわかりやすいので良かったです。

 
子育ては完璧はありえないし後悔はつきもの。

気付いたたった今から変えて、良くしていくこと。

 
この本を読んで、自身の働き方や、ライフスタイル。

本気で見直したいと思いました。

  

子育てに悩んだり、不安がある人は読む価値アリです!

 

もっと親野智可等さんの本を読んでみたいと思いました。