子育てのケーキひと切れ分。

Happiness is a piece of cake!

絵本は子どもが片付ける!無印良品で作るリビングに置く「絵本棚」

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20171108113248j:image

うちの子は絵本が大好きです。

 

長女が2歳半になるまで、子ども部屋に置いていたのですが、いつでも読めるように、いつでも読んであげられるように、リビングに置くことにしました。


絵本をリビングに置こうと決めたものの、問題は絵本棚。

どんな棚にするかとても迷い、結果、無印の棚にすることにしました。

 

今回は、ウチの無印良品「絵本棚」を紹介したいと思います。

スタッキングシェルフを絵本棚に採用

最初は絵本を入れる棚なので、子どもらしい可愛いものを購入しようと思いましたが、

 

・子どもが大きくなっても使えるモノがいい
・リビングに置くので、馴染みやすいモノがいい

 

の2つから、子どもが生まれる前から持っている「無印良品」スタッキングシェルフを使うことにしました。

f:id:nijimamajyuken:20171108113627j:image
ですが、実際絵本を入れると問題発生。

すぐになだれが起こるのです。


何冊か絵本を抜くとだだだだだーーーっと倒れていきます。

 

そして、絵本が倒れていると、片付けにくい。

部屋が絵本でどんどん散らかっていきます。

このままじゃ、絵本まみれの部屋になる・・。

そう思い、対策を考えてみました。

棚を仕切ってあげる

そこで考えたのが、同じく無印良品の「ダンボールスタンドファイルボックス」の設置。

 

これを棚に置くことで、なだれも起きないし、整理もしやすくなりました。

f:id:nijimamajyuken:20171108113223j:image
片付けやすくなったら、3歳の長女が自分から片付けてくれるようになりました!
そのそばで、1歳になったばかりの二女が散らかしていくこともありますが。苦笑

今日の絵本読み聞かせ 

f:id:nijimamajyuken:20171007000028j:image

「ねずみくんのチョッキ」と「14ひきのあさごはん」は長女が音読して、二女に読み聞かせてくれました。

 

「かぐやひめ」や「ももたろう」などの昔話やグリム童話、アンデルセンなんかも、読むように心がけています。 

  

でも、保育園では今、こういう昔話を読んだらダメなんだそうですね。

 

地域にもよると思いますが、保育士をしている妹の園には読まないようにと通達が来たそうです!

 

終わり方が残酷なものが多いので刺激が強いから・・なんだとか。

 

色々な考え方はあると思いますが私は子ども達に昔話を積極的に読んで欲しいと

思っています。

 

教訓を学べますしね^^

 

応援クリックお願いいたします(*´ェ`*)

 更新の励みになります!

 

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの小さな絵本)

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの小さな絵本)

 
14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)

14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)

 
ねこざかな

ねこざかな

 
にんじんさんがあかいわけ (松谷みよ子 あかちゃんのむかしむかし)

にんじんさんがあかいわけ (松谷みよ子 あかちゃんのむかしむかし)

 
かぐやひめ (日本名作おはなし絵本)

かぐやひめ (日本名作おはなし絵本)