子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

くもんのすうじ盤100が6分でできたら東大合格!?

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20180119170149p:plain

 

うちの3歳9ヶ月の長女は、くもんに行っています。

 

先日、先生と面談させてもらったとき、

「ちょっと笑えるんですけどね。本当、どこにそんな根拠があるのって感じなんですけど。」と、前置きしながら

 

すうじ盤100  6分でできたら東大へっていう言葉が公文にはあるんですよ」と教えてくださいました。

 

くもんの知育玩具(おもちゃ)「すうじ盤100」とは?

 

数字が書かれた磁石のコマを、100までの数字が書かれている盤に並べていくという単純なもの。

 

 

磁石すうじ盤100

 

 くり返し遊ぶうちに、100までの数の並びが身につき、計算力の基礎となる数感覚を身につけることができる、くもんの人気知育玩具です。

くもんの「すうじ盤100」を6分でやり切るには

 

くもんの「すうじ盤100」を6分でやり切るには1つの磁石を3.6秒で置いていかなければなりません。

 

・磁石を手に取る

・数字を確認する

・盤に置く

 

この作業を各1.2秒でやり切る。

 

相当な集中力に加え、数字の並びがきちんと頭で整理されていないと、できなさそうです。

 

早速3歳9ヶ月の長女と「すうじ盤100」をやってみた

f:id:nijimamajyuken:20171021163852j:image

 

磁石を手に取るだけで、3秒は超えていました。

途中で軽く戦意喪失・・。

 

うちの長女に100までなんて、まだ早かったかな?と思ったりもしましたが、「最後までやる!」と強い意志でやり遂げてくれました。

 

タイムは、

 f:id:nijimamajyuken:20171021164017j:image

 

よく最後までやれたなぁという印象でした。

100までの道のりは長かった・・。 

 

6分って相当早いということが良く分かりました。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ:「すうじ盤100」の知的効果は相当高い!

 

6分間で100まで置くってスゴイことなんだなぁと思いました。

 

相当な集中力と、数字の並びがきちんと頭で整理されていないと絶対にできません。

 

まずは半分の50までで練習したほうが良さそうです。 

 

コツコツ積み重ね、何度も繰り返しやっていけば相当な知的効果があると感じました。

 

6分で東大。なかなかの標語です。

 

最後に、くもんの先生いわく「どこにそんな根拠があるの」ということなので、ゲーム感覚で取り組んでいただけたらと思います。

 

応援クリックお願いします(*´ェ`*)

更新の励みになります。