子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

Amazonほしい物リストから絵本「おとうさん だいすき」が届きました!

スポンサーリンク

f:id:nijimamajyuken:20180207101823p:plain

 

最近、ちょっとだけ帰りの早い夫。

昨晩は娘たちが寝る直前に帰ってきてくれました。

 

そのとき「ただいま〜、荷物届いてたよ」と差し出してくれたのがこちら。

 

f:id:nijimamajyuken:20180207121001j:image

 

にじままの娘宛てです。

Amazonほしい物リストからです!

 

今回も匿名の方からです。

匿名の方、ありがとうございます!

 

絵本「おとうさん だいすき」が届きました

 f:id:nijimamajyuken:20180207115735j:image

 

くもん推薦図書を片っ端から読んでいる我が家。

「おとうさん だいすき」もその中の1冊で、欲しいなあと思いリストに入れていました。全国学校図書館競技会選定図書でもあります。

 

 

読んだ後長女は「お父さん大好き!」と夫に伝えていました。

とっても優しくて心温まる絵本だったので、紹介させてもらいますっ!

 

お父さんに肩車して欲しくなる絵本「おとうさん だいすき」

 f:id:nijimamajyuken:20180207115816j:image

 

1975年に発行された絵本です。

セピア色中心で描かれた絵にあたたかさを感じます。 

 

絵本 「おとうさん  だいすき」のあらすじと感想

 

森の動物たちがお父さんが運転できる乗り物を自慢しています。

 

最初は自転車から始まり、自動車、気球、船、飛行機。

自慢話がどんどん大きくなっていきます。

 

「ねえ、きみのおとうさんは?」

くまの子はみんなに聞かれます。 

 

くまの子のお父さんは何も運転できないので、しょんぼり。

そのことをお父さんに伝えると「お父さんは地球の運転手さ」と言って、くまの子を肩車してくれます。

 

f:id:nijimamajyuken:20180207122404j:image

 

それを見た他の動物の子どもたちが、急いでお父さんに肩車してもらいに帰る場面は、何とも優しい気持ちになれます。

 

 

表紙カバーにある作者の「大切な地球を壊さないように、戦争もなく仲良く運転する」という言葉を読んで、そういったこともくまの子のお父さんのように、子どもたちに伝えてあげたいと思いました。

 

絵本「おとうさん だいすき」を読み終えて

 

4歳の長女は夫に肩車をおねだりしていました。

そして、満足そうな笑顔で「お父さん大好き!」と言っていました。

 

絵本のおかげで家族みんなが優しい気持ちになれました。

 

 

贈ってくださった方、本当にありがとうございます。 

f:id:nijimamajyuken:20180207120420p:plain

 

欲しかった絵本を贈ってくださり、ありがとうございました!

家族みんなが優しい気持ちになれる絵本でした。

 

私のような有名ブロガーの足元にも及ばない、小さな小さなブログを書いている人間に幸せを届けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

大切に読んでいきたいと思います。

心からお礼申し上げます。ありがとうございましたっ!

 

 

 

➡︎ にじままの娘のAmazonほしい物リスト 

 

 

【絵本を無料で全ページ読みたい方へ】

⇒ 絵本ナビで無料ためしよみ  ( 公式サイトへ)