子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

子育てに悩む人にこそ読んで欲しい! まんがでわかる7つの習慣

スポンサーリンク

 「7つの習慣」て読んだことありますか?

めちゃくちゃ分厚い本。


通勤電車の中で読もう!って気持ちになれない重さの、あの本です。

 

ベストセラーだし、良いことが書いてあるに違いない!とは思うのですが、何せ難しい。

 
そんな「7つの習慣」。


ビジネス書として有名なのですが、子育てに悩む人に、ぜひ読んで欲しいのです。


子育て中の忙しい人に、あんな分厚い本はオススメしません!
「7つの習慣」には分かりやすくて読みやすいまんががあるんです。

 

漫画としてクオリティーも高いし、面白い!

 

内容は本書と比べると薄味になってしまいますが、漫画だと読むのも楽しいし、イメージしやすいところがメリット。

 

このタイプの本は読むだけでは意味がなく、身につけて習慣化しないといけませんが、漫画だと読み直しも楽! 

「あの内容どんなんだっけ?」となったときも、サッと目を通すことができます。

 

本書を完読した人の読み返し用としてもオススメです。

 

子育てに悩む人に、絶対読んで欲しいのは4巻のChapter5「再び、インサイド・アウト」という章。

 

ここをピックアップして、紹介したいと思います。

 

まんがでわかる 7つの習慣 4巻Chapter5

 

子どもに対して、感情的になって怒鳴りつけたりしたことってありませんか?

もしくは叩いてしまったり・・。 

 

自分の親にそうされたから、

そんな育てられ方をしてきたから、

そう擦り込まれてしまっているから、

 

と自分を正当化してしまいがちです。


たとえ自分の中でそうプログラムされていても、自分自身の決意で上書きできると「7つの習慣」には書いてあります。

 

難しいことかもしれはせんが、自分がそのように育っていても、努力次第で変わることができるんです。 

 

子育てはテクニックではない

 

「子育てはテクニックではない」ということは頭では分かっていても、「私の育て方が悪かったんだろうか」って育児書を買い漁って、読み漁って。

 

テクニックで子どもを変えようとしがちではありませんか?

 

子育てってそうではなく、まず親である自分が変わることからすべてが始まるんです。

 

そのためには「今日から変わるんだ」って自分に対して決意することが必要なんですね。

 

このChapterのまとめに、刺激と反応の間にはスペースがあると書かれているのですが、これがめっちゃくちゃ深い!

 

「スペース」とは「選択の自由」を意味します。

 

子どもに生意気なことを言われたとき、カチーンとくるもの、成長の証だな~ と感じるのも、全部自分で選択し、決めているという意味なんですが。

 

これを理解して実行できたら、子育てどころか人生が変わりますよね

シンプルだけど、深い言葉だな~と感じました。 

 

まとめ

 

自分の親を憎みながらも、同じことを子どもにしてしまう自分はもっと憎い・・と悩んでいる人は、結構いると思います。 

 

私の周りにはたくさんいます。
みんな悩み苦しんでいます。


この漫画を読んだら全てを解決できるわけではありません。

 

ただ、こんな自分にも上書きできるんだ!変わることはできるんだ!ということを知れることは、大きいと思うんです。

 

誰にだって欠点はある

だけど、正しく生きようとすることはできる

 

思い当たることろがある人は、1度読んでみて欲しいと思います。