子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

【絵本で性教育】3歳の娘に「いいタッチ わるいタッチ」を読んでみた。性犯罪は親が思っている以上に深刻です。

スポンサーリンク

 

 お子さんに性教育ってしていますか?


私は長女が3歳6ヶ月頃に性教育の絵本「いいタッチわるいタッチ」を読んであげました。


保育園や幼稚園、学校だけに任せるものではなく、性教育は親子の信頼関係の上に成り立っているんだと気付かされました。
可愛い子どもたちを守るために、まず親が性教育の大切を知っておくべきだと思いました。


幼児や小学校低学年のお子さんがいるご家庭で、まだそういった教育をしていなければ絵本1冊でできるので、ぜひ読んであげて欲しいと思います。

 

なぜ幼児期の頃からの性教育が必要なのか 

 

実は私自身、性教育の必要性がよく分かっていませんでした。


なんでそんなに早くから?

小学校高学年くらいでいいんじゃないの?


私自身が小学校5年頃に初めて性教育を受けたので、そう感じたのかもしれません。

 

そんな中、幼い子どもは悪い大人が近づいてきてもきちんと教育を受けていなければ「この人危ない、危険だ!」ということが分からないので逃げることをしないということを聞きました。


知らないことで、逃げることもできない子どもたち。
伝えなかった、教えなかった親の責任は大きいと深く思いました。


子どもに何かがあったとき、被害を予防する知識を伝えてあげたい!と強く思いました。

 

子どもの性被害の事実 

小学校6年生になるまでに、むりやり触られたり、見せられたりするといった性犯罪の被害に遭う割合は、

 

女児: 6.4人に1人

男児:17.5人に1人

 

なんだそうです。

絵本「いいタッチわるいタッチ」あとがき「子どもと家族の心と体の健康調査委員会」の調査より


また加害者は顔見知りであるケースが多いのが現状。


子どもへの性犯罪は、一般で考えられているよりも深刻なもの、ということが世界的なテーマとなっているそうです。

 

絵本「いいタッチわるいタッチ」を読んだ3歳児の反応

いいタッチわるいタッチ (だいじょうぶの絵本)

もし、だれかが、

むねや、おなかや せいきを さわってきたら

それは わるいタッチなの。

すぐに はなれて にげるのよ。 

というページを読んだとき、

娘は「え?逃げるの?? 何で?」と不思議そうに聞いてきました。

 

逃げることの必要性や詳しい予防の仕方など、この絵本のあとがきに書かれていますので娘の「何で?」に答えてあげることができました。

 

絵本を読んであげてよかった・・

これで逃げなければならないことが頭に入ってくれた、と感じました。

 

何度も読み聞かせし、危険を覚えてもらうようにしています。

怖がる日もあるので、無理に読み聞かせしたり、話したりしないように心がけています。

 

性教育は親子の信頼関係から成り立つもの

f:id:nijimamajyuken:20171204161110j:image

絵本のタイトルにもある「いいタッチ」と「わるいタッチ」。

これをきちんと区別させるためには、親子の信頼関係が大切だと感じました。

 

絵本のあとがきにも、日頃から親は子どもと親密ないいタッチをしておくこと、とありました。


ほほをなでてあげたり、抱きしめたり、頭をなでたり。
安全なタッチをきちんと親が教えてあげることが大切です。

 

子どもとふれあいながら、どれだけ子どもを大切に思い、愛しているのかを伝えてあげたいですね。

 
もし、子どもがわるいタッチを誰かにされたとき、すぐに親に伝えてくれる関係を作ってあげなければならないと強く感じました。

 

スポンサーリンク  

 

まとめ:子どもを守るために、親ができること

 

性教育の進んだ国では子どもが物心つかないうちから、身体にはプライベート・ゾーンがあることを教えていくそうです。

日本はそういった教育が遅れている分、親がきちんと教えていかなければならないと思いました。

 

ぜひ「いいタッチわるいタッチ」を手に取ってみてください。

あとがきには親が読んでおくべきことがたくさん書かれています。

 

うちの子に限って・・では、親として無責任ですもんね。