子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

夏の読み聞かせや観察に!細密画が美しい科学的絵本「あさがお」【あらすじと感想】

スポンサーリンク

あさがお

夏の読み聞かせや、観察に最適な絵本「あさがお」を紹介します。

あさがおの一生が、早送りのように見ることができる1冊です。 

荒井真紀さんの美しい細密画で描かれた花々は、圧巻です!

あさがおの概要

著者:  荒井真紀
出版社: 金の星社
ページ数:22ページ
サイズ: 24.6×21.5cm
価格:  1,200円+税
発行年: 2011年

国学図書館協議会選定
日本子どもの本研究会選定
日本図書館協会選定

あさがお

あさがお

 

 あさがおのあらすじ

これは、あさがおの たねです。

4がつのおわりから 6がつごろにかけて、

あさがおの たねを まいてみましょう。

 f:id:nijimamajyuken:20170804135330j:image

小さな種から芽がでて、ふた葉をひろげ、

つるをのばし、つぼみがふくらみ、

美しい花を咲かせます。

そして、また種ができる・・

あさがおの一生を美しい細密画で描かれた絵本。

あさがおの観察に役立つ1冊です。

あさがおを読んだ子どもの反応と感想

「土の中はどうなっているの?」

「あさがおのつるは、どうして毛が生えてるの?」

「花はどこから咲くの?」

美しい絵と分かりやすい文章で、子どもの様々な「???」に答えてくれます。

f:id:nijimamajyuken:20170804135347j:image

土の中に興味を持った娘は、

「根っこどうなってるのかな?」と、ふたばを引き抜こうとしました。

慌てて止めましたけど・・。

f:id:nijimamajyuken:20170804135506j:image

「こんな花が咲いてほしいね」と、絵本を見ながら、間もなく咲く花を期待して待っているようです。

まとめ

花が開いていく瞬間を描いたページは、ゾッとするほど美しいです!

小学1年生の夏休みに、朝方頑張って起きて花が開いていく様子を観察したことを思い出しました。

f:id:nijimamajyuken:20170804135524j:image

 はなは いちど しぼんでしまうと、

もう さくことは ありません。

咲いた花は、種となり、来年へバトンを渡します。

f:id:nijimamajyuken:20170804135547j:image

この絵本の最後のページに

あさがおの たねを まいてみましょう。

と、書いてあります。

最初のページの「たねを まいてみましょう」とは受け取る意味が違ってくるように思います。

来年は、子どもが育てたあさがおの種を植え、育てることができたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

絵本選びのお役に立てたら嬉しいです。

おしまい。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング

あさがお

あさがお

 

nijimamajyuken.hatenablog.com

クロックス オンラインショップ