子育てのケーキひと切れ分。

育休ママが、子育てとライフハックを発信するブログです。

3歳6ヶ月の長女 6月のお気に入り絵本11選 !100冊読んだ中から選びました。

スポンサーリンク

毎週水曜日は図書館の日 

f:id:nijimamajyuken:20170706195915j:plain

うちは、毎週水曜日を図書館の日にしています。

リクエストがあれば、土曜日も行くことがあります。

今回は、6月に読んだ100冊の中から、3歳の長女が気に入った絵本と、私が積極的に読み聞かせた絵本の11冊を紹介したいと思います。

絵本選考基準 

・何度も図書館で借りた本

・読み終わってから「もう1回!」と言われ、何度も何度も読んだ本

・音読するほど気に入った本

・気に入って今月購入した本

・今月の強化絵本(積極的に読んで欲しい本)

長女のお気に入り度を★に表して紹介したいと思います。

3歳6ヶ月の長女 6月のお気に入り絵本11選 

1.にげろ!ねこざかな  

お気に入り度:★★★★☆ 

さかなの中にねこが入り、「ねこざかな」になるシリーズ。

このシリーズは長女のお気に入りです。

波乗りを楽しんでいたねこざかなに、迫りくるのこぎりざめ。

逃げても逃げても追いかけてきます。

氷山をまっぷたつにするシーンでは、ページを開けたり閉めたりすると、「ギコギコ」音が鳴る仕掛けに!

さすが「ねこざかな」!人気があるのも納得です。

にげろ!ねこざかな

にげろ!ねこざかな

 

2. ねこざかなとイッカクくん 

お気に入り度:★★★★☆ 

いつもは冷たい海に住んでいるイッカクくんが、ねこざかなのいるあたたかい海にやってくるお話し。

なれない環境にイライラするイッカクくんは八つ当たりしまくり!

こちらの絵本も仕掛けがいっぱいあるので、親子で楽しめます。

0歳の二女に破壊されないように気をつけながら読んでいます。

最後はねこざかなとイッカクくんは仲良しになってつめたい海に帰っていきます。

やしの実ジュースがおいしそうです。

ねこざかなとイッカクくん

ねこざかなとイッカクくん

 

 3.ちびうさ にいちゃん! 

お気に入り度:★★★★☆

3つ子の赤ちゃんが生まれておにいちゃんになった話。

早く3つ子と遊びたいのに、生まれたての赤ちゃんとは遊べなくてがっかりしたり、張り切ってお世話するも、上手くいかなかったり。

親はもう3つ子しか好きじゃないんじゃ?と思ったり。

上の子のやきもちは、親の対応次第で変わるんだと親が気づかされる本。 

ちびうさにいちゃん!

ちびうさにいちゃん!

 

4. おおかみだあ! 

お気に入り度:★★★★★

最後のページに「もういちどはじめから?」と書いてあるので、それを読むと「うん!」と言ってくる長女…。

このやりとりを1日に何回したでしょうか。

もう飽きてくれよー…と思いながらも、何度も何度も、毎日毎日繰り返して読んだこちらの絵本は、とても斬新な仕掛けがあります。

絵本そのものを傾けたり、ひっくり返したりして、迫ってくるおおかみから逃げるという、なかなかのスリルと迫力があります。

子どもにページをめくらせて楽しむ“参加型絵本”です。

絶対子どもは好きだと思います!

おおかみだあ! (ポプラせかいの絵本)

おおかみだあ! (ポプラせかいの絵本)

 

5. きをつけて おおかみだ! 

お気に入り度:★★★★☆

「おおかみだあ!」と同じ作者の絵本。

「3匹のこぶた」のパロディで、「おおかみが ふうーっ」と息をふくと、はっぱがふっとび、木々がふっとび、屋根かふっとび…。

もうね、オチがすごい!そうきたか!という感じ。

おおかみとぶたの仲良し絵本と思いきや、最後に裏表紙を見ると…!?

谷川俊太郎さんの訳です。

きをつけて おおかみだ! (ポプラせかいの絵本)

きをつけて おおかみだ! (ポプラせかいの絵本)

  • 作者: セドリックラマディエ,ヴァンサンブルジョ,C´edric Ramadier,Vincent Bourgeau,たにかわしゅんたろう
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/01/07
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

広告

6.いったでしょ 

お気に入り度:★★★★☆

二女のために図書館で借りたのですが、長女が気に入って何度も何度も読んでと言ってきたり、音読していた本。

登場するのは馬の親子。

お母さんが「つまずきますよ」と注意を促します。でも、子どもは「つまずいた!」となり、お母さんは「いったでしょ」という感じの内容が繰り返されます。

長女は大ウケで、ゲラゲラ笑いながら読んでいました。

それを見て、意味が分かっていない二女も大笑い。

五味太郎さんのユーモアたっぷりの絵本です。

いったでしょ

いったでしょ

 

  7.おさるのジョージきょうりゅうはっけん 

お気に入り度:★★★☆☆

博物館に恐竜の化石を見に行き、それから博物館の人たちと一緒に恐竜の骨を発掘するというお話。

最後はジョージのいたずらがきっかけで、骨を発見し、「ジョージザウルス」と名付けられます。

長女は恐竜の骨を発掘する事実にびっくりしていました。

「恐竜の骨って掘ったら出てくるの?」と興味深々でした

おさるのジョージきょうりゅうはっけん

おさるのジョージきょうりゅうはっけん

 

 8.あさがお 

お気に入り度:★★★☆☆

6月から我が家でも、あさがおを育てています。

その成長をより楽しむために、この絵本を見ながら育てています。

言葉だけでは説明できない成長の過程を、幼い子どもにも理解できるように書かれています。

荒井真紀さんの絵が美しい!

あさがお

あさがお

 

 9.11ぴきのねことぶた 

お気に入り度:★★★★☆

いつもマヌケで勝手な11ぴきのねこ

今回も、勝手にぶたのおじさんの家に住み、ぶたのために作ってあげた家も思いのほか上手にできたからと渡すのが惜しくなったり。

でも11ぴきのねこの行動力と団結力はすごい!

ねこらしく自己中心的ですが、最後にはきちんと?罰があたります(笑)

それで終わりかい!っていう感じも嫌いではありません。

11ぴきのねことぶた

11ぴきのねことぶた

 

 10.ジャックと豆の木 

お気に入り度:★☆☆☆☆

6月の強化絵本。ご存知「ジャックと豆の木」です。

ジャックが雲の上の人食い鬼の家に着いて、鬼の女房に家に入れてもらい、そこに人食い鬼が帰ってくる…と、いうところで「こわい!こわい!こわい!」と言って続きを読ませてくれません(笑)

最初の2回は読めたのですが、内容を理解すると怖くなって読めなくなりました。

また、4歳頃になったら読んでみたいと思います。

ジャックと豆の木 (世界傑作絵本シリーズ)

ジャックと豆の木 (世界傑作絵本シリーズ)

 

 11.ヘンゼルとグレーテルのおはなし 

お気に入り度:★★★★☆

6月の強化絵本。

最初、こちらの絵本は3歳の長女には難しかったので、「ヘンゼルとグレーテル (いもとようこ世界の名作絵本)」を読み聞かせていました。

ずいぶんと理解できるようになったので、こちらの絵本にバージョンアップしました。

お菓子の家が可愛くて、おいしそうなところに、長女はぐいぐい引き込まれます。

ワッツの絵がとてもきれいです。

原作に忠実な内容なので、少し長めですが、ヘンゼルとグレーテルを読み聞かせるなら、こちらがおすすめです。

ヘンゼルとグレーテルのおはなし (グリム絵本)

ヘンゼルとグレーテルのおはなし (グリム絵本)

 

 おわりに  

3歳6か月の長女が読んだ100冊の中から11冊を紹介させていただきました。

「おおかみだあ」は、いまだ飽きないようで、まだまだ読んでいます。

7~8月は、夏の植物や昆虫モノ、おばけや夏祭りの本を読んでいきたいと思います。

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング

広告

 Oisix(おいしっくす)