子育てのケーキひと切れ分。

Happiness is a piece of cake!

算数が得意な子に育って欲しい。3歳5ヶ月の長女と「パターンブロック」で遊んだ話

スポンサーリンク

女の子はおままごと系のおもちゃが多くなりがちです。

3歳5か月の長女も、ネネちゃんメルちゃんのお子様ランチプレートなどのおもちゃが大好きです。

(二女が生まれてすぐのとき、ネネちゃんは大活躍でした。私が二女をお世話をするとき、長女も一緒にネネちゃんをお世話したりと、ネネちゃんのおかげで赤ちゃん返りを乗り越えてくました。)

しかし、男の子の家にはブロックや積み木等、当たり前に置いてあります。

こういったおもちゃは、算数の基礎、図形センスを養うそうなのです。

だから、算数が得意な子は男の子のほうが多いんですね…きっと。

長女や二女にも算数が得意になって欲しいと思うので、パターンブロックを用意しました。

パターンブロックとは 

アメリカやヨーロッパで盛んなHands On Learning(活動を通して学ぶ)の最も代表的な教材。

図形のセンスを身に付けることができるので、多くの幼児教室で取り入れられています。

2014年には“グッドトイ賞”を受賞しているようです。

パターンブロックの導入法・3歳5ヶ月 長女の場合

まずは、難しいことは抜きに楽しく長く使ってもらいたいので、

マイメロちゃんの座布団作ってあげよう!」と誘いました。

すると「うん!作りたい!!」とノリノリで遊んでくれました。

f:id:nijimamajyuken:20170718105602j:image

 f:id:nijimamajyuken:20170718105612p:image

マイメロちゃんの座布団

f:id:nijimamajyuken:20170718105705p:image

リラックマの座布団

 f:id:nijimamajyuken:20170718105629p:image

キティちゃんの座布団

 

この方法で、今のところ毎日遊んでくれています。

やはり、女の子はおままごとが好きですね。

「明日もする~~!」と、昨夜も寝る前に言っていました。

導入大成功です。

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング